島村楽器 ららぽーと甲子園店 シマブロ

島村楽器 ららぽーと甲子園店スタッフによるイベント情報やお知らせなどを発信するブログ(シマブロ)です。

北村智恵ピアノセミナー②開催しました!!

画像

夏の高校野球がすぐ目の前で熱く開催され、連日甲子園は賑わっています。球児の方たちが隊列を組んで球場へ行かれるのを目にする度、その緊張が伝染った様にドキドキして「がんばって!」と思うのです。関西勢、がんばっていますね~! 阪神甲子園球場は毎日満席御礼です!!

 そのような中、球児の方たちに負けない熱い思いを、今回も8/8(木)甲子園店で、北村智恵先生が語って下さいました。

 「とんかつ、かつどん(タンタタタタタンのリズム)」と言えばリズムが分かり易いでしょう。…

 「いちご」と言えば三連符もへっちゃらね。…その様に表現すれば、子供たちはたちまち理解し忘れません。…

 角音符では倍音を使って変わった雰囲気を作れるのよ。ほらね~。ピアノって不思議でしょう。…

終始、その様な子供達の目の高さに合わせた温かみに溢れる言葉と、アイデアとを、聴く者の心を包み込むように、口移しに分けて下さる先生のセミナーは、全国各会場で大変人気です。

 今回のセミナーに参加させて戴いた、弊店ピアノインストラクター 切付 の感想をご紹介しましょう。

 『北村先生のセミナーを受けて。

 私は学生時代、相愛大学での授業の一つであるピアノ教授法を受けていました。ピアノ専攻以外の生徒も受けることが出来、先生の授業は音楽指導の幅を広げて下さるものでした。いちばん最初の授業で取り上げられたのが、ピーターラビットピアノの本です。今回の島村楽器ピアノセミナーでも取り上げられたものです。この教材ですが、とても可愛らしい教材で、特徴としては、とてもページ数が少ないんですね。小さいゴールを、沢山作ってあげる。一冊の本が終わると、達成感もでる、そして、新しい楽譜が貰えることで子供さんは嬉しい気持ちになるんですよね。子供の目線に立って作られていて、そして指導者にも指導の進め方が書き込まれているので、とても分かりやすい教材になっています。

ぜひ、一度手にとって見て下さいね。私は今回のセミナーで、ピーターラビットピアノの本を学ぶのは2回目ですが、また新たな感覚で聞くことが出来、とても勉強になりました。

 特に印象に残ったのが、レッスンでメトロノームを使わずに、ウッドブロックを使ってリズムに乗りながらピアノを弾くだけで、拍感も感じられ、楽しくレッスンを進めていけるんです!!北村先生もおっしゃっていましたがレッスンは「ライブ」なので、音楽の楽しさをどれだけ生徒に感じてもらうか、そういう工夫が大事なんですよね。

 私自身も実際に色んな方を指導しておりますと、自身の指導の引き出しの少なさに苦戦し悩む事が多くあります。このセミナーではレッスンでの楽しみかたや、一つの課題をどれだけバリエーション豊かに増やし活用していき、生徒に負担をかけず楽しんでもらうかなど、指導者の引き出しを沢山学べます。

 次回9月5日(木)にピーターラビットピアノの本の第三巻を使っての、セミナーを行います。音楽指導者をされている方、指導の引き出しを増やし、レッスンをより楽しいものにして行きませんか?皆様のご参加をお待ちしております。』

 レッスンは、生徒と先生とのセッションです。その時こそがライヴの瞬間なのです。だからこそ楽しく、大切に。…そのように、お話の締め部分で力説されたこの一言。まさに「音楽の楽しさを皆様ご一緒に」という、温かく広げられた先生の両腕の様なセミナーでした。二度と同じものは無いライヴの楽しさや素晴らしさをよく知っている私達が、それを伝えていかねばなりません…という、先生の熱意あるメッセージを、ご自身で直にお聴きになられる事を、心よりお勧めします。生徒をお持ちの先生はもちろん、これから先生になろうという方も。お子様をお持ちのお父様やお母様も。そして、ご自身がレッスンをなさるお立場の方も。たとえ、他のお稽古事をなさる方も。音楽好きの方にも。

 皆様、是非是非次回は、お見逃し無きよう、こぞってご参加下さいませ!!)%>

もっとみる

© Shimamura Music All rights reserved.