読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

島村楽器 ららぽーと甲子園店 シマブロ

島村楽器 ららぽーと甲子園店スタッフによるイベント情報やお知らせなどを発信するブログ(シマブロ)です。

『ピアノ調律担当日記』 その6 ピアノのお掃除~鍵盤磨きの巻~&~金属磨きの巻~

こんにちは!
すっかりお久しぶりですが、皆様お元気ですか?

カメラが入院してしまい、代用品のアイパッド君を使いこなせるようになるのに時間がかかりすぎてしまいました。
来年は機械に遊ばれずに遊べるようになりたいです

さて、最近はピアノのお掃除編をお送りしておりますが、皆様見て頂けましたでしょうか?
まだ見てない方は是非チェックして下さいね♪
前回の記事はこちら↓
koshien.shimablo.com


さて、今年の汚れは今年のうちに綺麗にしてしまいましょう!!
二回に分ける予定でしたが、更新が遅れてしまったので二つまとめてお送りいたします!!




今回のテーマは 『ピアノのお掃除~鍵盤磨きの巻~&~金属磨きの巻~』です。


鍵盤のお掃除

演奏性に直結するピアノの鍵盤。触れば触るほどに汚れていき演奏しにくくなっていることも…
ぜひ、定期的にお掃除をしてください。

今回鍵盤お掃除で紹介するものは使用可能なものが限られています
お持ちのピアノに合った掃除道具を使用しないと鍵盤を痛めてしまう可能性がありますので、十分ご注意下さい。

もし、何を使った良いか悩まれた場合は、メーカーとピアノの型を確認の上
ららぽーと甲子園店の藤岡までお問い合わせください♪

では、本題に入りましょう!

ピアノの鍵盤は大きく分けて三種類あります。

  1. プラスチック製
  2. 天然素材製
  3. 天然素材に似せた樹脂製

1は表面がつるつるとした鍵盤

f:id:shima_c_koshien:20161221201527j:plain

主にお安めの価格帯に採用されています。


2はピアノ発明当時から使われている素材


ピアノの鍵盤はもともと像の牙を使用していました。
像の牙には目に見えない細かい穴があるため、汗を吸収して滑りにくく演奏しやすいのです。
しかし、現在では像の牙はワシントン条約で輸出が禁止されているため非常に貴重な素材となっています。
コンサートホールのピアノなどうっすら黄色い鍵盤は象牙の可能性大です。

そのため、各メーカーが像の牙に似せた材質を開発しピアノの鍵盤として採用しているのです。
それが3の天然素材に似せた樹脂製の鍵盤になります。
f:id:shima_c_koshien:20161230192257j:plain


1の鍵盤と比べると少し黄みがかっていたり、表面がさらさらになっていたりします。


ピアノの鍵盤はお掃除用にキークリーナーというアイテムが発売されています
これはプラスチック製の鍵盤にのみ使用できます。
天然素材の鍵盤や天然素材に似せた鍵盤には使用できません!!

それでは順番に掃除をしてゆきましょう!!



1・プラスチック製鍵盤の場合
プラスチック製鍵盤には鍵盤クリーナーが使用できます。
f:id:shima_c_koshien:20161221201820j:plain
※注意点
ピアノの中には白鍵はプラスチックだが黒鍵はプラスチック以外の素材を採用したピアノもあります。
その場合は、白鍵のみにクリーナーは使用可能です。


①まずクリーナーを清潔なクロスに取り出します。

f:id:shima_c_koshien:20161221201806j:plain

②鍵盤を磨いていきます

f:id:shima_c_koshien:20161221201849j:plain
鍵盤の奥から手前に向けて優しく磨いていきます。


そのとき
f:id:shima_c_koshien:20161221202203j:plain
このように、そっと鍵盤を支えてあげると磨きやすいです♪



ポイントはいたってシンプルです。

  1. 清潔なクロスを使用すること
  2. ごしごしこすらないこと     です



ピアノの掃除においてクロスは大切なアイテムです。
必ずホコリにまみれていな清潔なクロスを使用してください。
毛玉が出来ていたり、目に見えて汚れているものは捨てて、新しいものに新調するタイミングです。

洗濯して大切にされている方もいらっしゃいますが、500円ほどのクロスだと、
洗ったことにより毛玉が出来てしまうので、使い捨てだと思って頂くと良いかもしれません。



また、外装磨き用のクロスとは別のクロスをご用意ください。
外装のワックスが鍵盤につくことで、滑りやすくなってしまい演奏性が非常に悪くなってきしまいます

掃除グッズについては改めて新年にご紹介しますのでお楽しみに…!!


2.3・天然素材製.天然素材に似せた樹脂製の場合
このタイプの鍵盤にはクリーナーを使用することはできません
なので、演奏後に毎回鍵盤を乾いた清潔なクロスで拭いてあげてください

どうしても落ちない汚れがある場合は、水に濡らし固く絞ったクロスで拭いてみてください。

これらの鍵盤にはアルコールは大敵です
使用した場合鍵盤が割れてしまうことがありますので、使用しないでください。


鍵盤の何よりの手入れは、
演奏後毎回汚れを拭き取ってあげる事です。
毎回となるとなかなかたいへんなので、週に一回お掃除の曜日を決めてみると大掃除も楽になります。


外装の掃除と比べるとかなり簡単です。
ポイントは
演奏後に拭くようにする
使用するクロスは外装用と分ける

の二点です。

ご自宅のピアノの鍵盤が何でできているかわからない場合は乾拭きか、固く絞った布で拭くと間違いありまん。


皆さまぜひ、自宅のピアノを美しくして心地よい演奏をお楽しみください。






それでは続きましてピアノのお掃除最終回
『金属磨きの巻』スタートです。

今回金属磨きに使用するのはコチラ!!


f:id:shima_c_koshien:20161230195335j:plain
YAMAHA ピアノコンパウンド

コチラのピアノコンパウンドはとても目が細かい研磨材です。
ワックスでは輝きが戻らなかった艶出しの外装にもお使い頂けます。


今回の金属磨きに使うものはf:id:shima_c_koshien:20161230195455j:plain
1コンパウンド
2綺麗なクロス
3マスキングテープ
4つま楊枝      の四点です!!



まずは磨くための準備です
艶消しのピアノはコンパウンドで磨いてしまうと輝きを持ち始める為
マスキングテープで養生(ようじょう:傷防止のためほごすること)をします。


f:id:shima_c_koshien:20161230195555j:plain


このとき一度布などにマスキングテープを張り付けて粘着力を落とすことがポイントです。
そのまま張ってしまうと、
粘着面がピアノに残ってしまうことがあるので必ず粘着力を弱らせてからピアノに貼って下さいね♪

f:id:shima_c_koshien:20161230195612j:plain
端から順に張っていきます

端から端まできっちり貼るのはもったいない…!
というときは、磨くところの周りだけ養生をして
磨く場所を動くときにマスキングテープを移動させてあげればOKです!



マスキングテープが張れたら準備完了!!

では、磨いていきましょう!!

コンパウンドを取り出す
清潔なクロスに少量としだします

f:id:shima_c_koshien:20161230200109j:plain



コンパウンドをなじませる

クロスに一度なじませることで一か所に固まってついてしまうことを防止します。
f:id:shima_c_koshien:20161230200207j:plain



③磨く!!
出来るだけ横に長く磨いていきます。
コンパウンドは表面の汚れを削り取っていくので、一か所に集中して磨くとその部分だけかすかにへこんでしまいます。
なので、横に広く磨いていって下さい。



ちょっと綺麗になってきました。
f:id:shima_c_koshien:20161230200228j:plain


④仕上げ
最後にから拭きをします。
f:id:shima_c_koshien:20161230200207j:plain
これもまた横に長く!!がポイントです

ネジの間に入り込んでしまった時は爪楊枝を使うときれいに取れます
f:id:shima_c_koshien:20161230200633j:plain


コンパウンドが残っているとそこから変色してしまいます。
拭き残しが無い様に綺麗に拭き取っていきます。


蝶版以外にも、ペダルも同じように磨いていきます。

磨いているとクロスはどんどん汚れていきます
クロスが黒くなったらきれいな面に変えて磨いていきましょう♪

f:id:shima_c_koshien:20161230200652j:plain
使う場所を左半分から真ん中に変更して磨いていきます


ごっしごしごしごし……
すると
こんなにもきれいになりました!!

f:id:shima_c_koshien:20161230200931j:plain

くすんでいた金属が輝くととても嬉しい気持ちになります!!


金属磨きは他の箇所よりも磨いた成果が分かりやすいので磨き甲斐があります。
ピアノの掃除の中でも一番すきな作業です。



これにてやっとお掃除編が完結しました…
来年もピアノに関するあれこれを更新していきますので
皆様来年もよろしくお願い致します♪




さて、今回はこのへんで。

次は新年の更新です!


島村楽器ららぽーと甲子園店は新年に営業は元日から営業しております
皆さまのご来店心よりお待ちしております!



次回テーマ  『ピアノと電子ピアノ』です

koshien.shimablo.com




以上、藤岡でした。
皆さま良いお年をお迎えください!!

もっとみる

© Shimamura Music All rights reserved.