読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

島村楽器 ららぽーと甲子園店 シマブロ

島村楽器 ららぽーと甲子園店スタッフによるイベント情報やお知らせなどを発信するブログ(シマブロ)です。

『ピアノ調律担当日記』 その7 ~電子ピアノとアコースティックピアノのお話し~

こんにちは!
ついに2017年がやってきましたね
頭の中はまだ2016年のようで、たまに「2016年1月」とノートを書き始めてしまう藤岡です。
早く頭の中も年越しをしないといけません。






さて、それでは新年一回目のテーマは
『電子ピアノとアコースティックピアノのお話し』です!!


最近、多くの機能を兼ね備えた機種が続々と登場している電子ピアノ。
最近では、住宅事情などから音量調整が自由自在の電子ピアノはかなりの人気者です。


しかし!!
電子ピアノがいくら進化してもアコースティックピアノには
アコースティックピアノにしかできないことが沢山あります。


今回は
電子ピアノ

アコースティックピアノ
の特徴を比べていきます!

電子ピアノ

良いところ
・消音機能や、ヘッドホンでの演奏ができる
・いろいろな楽器の音を出すことができる
・調律の必要が無い



アコースティックピアノ

良いところ
・タッチがしっかりしている
・強弱等の表現力が高い
・豊かで表現力の高い音色






電子ピアノの良いところは何よりも調律が必要ないお手ごろさにあります
更には、ヘッドフォンを使って外に対して音が聴こえない様にできるというのも人気のポイントです。

中でも消音機能は、夜にしか練習できない方にはとっても嬉しい機能です



しかし、なぜ電子ピアノはメンテナンスが必要ないのでしょうか?



アコースティックピアノと電子ピアノの中身の違いをのぞいてみましょう!






アコースティックピアノの中にはそれぞれの音に対応したが張られています。
このを鍵盤の動きが伝わってきたハンマーが叩くことで音が鳴っています


鍵盤の上にアクションと呼ばれる仕組みがあります↓

f:id:shima_c_koshien:20170113193123j:plain


鍵盤を押し下げることでアクションが動きを叩くことで音が鳴ります。

f:id:shima_c_koshien:20170113192907p:plain
↓アクション
f:id:shima_c_koshien:20170113192914j:plain



電子ピアノの中にはアコースティックピアノのような音を出すものがありません

鍵盤の下などにセンサーを内蔵しており
鍵盤を押し下げることでセンサーが反応し
その鍵盤に対応した音が鳴る仕組みになっています。

f:id:shima_c_koshien:20170116195236p:plain



そう電子ピアノとアコースティックピアノの大きな違いは
音の発生源を持っているかどうか
なのです!!



アコースティックピアノは中にという音の発生源があるため音を消すことができません
(音を消すための特殊な装置を取り付けると、電子ピアノの様にヘッドフォンのみから音を出すことができます。)
しかし、電子ピアノにはなど音の発生源はないので
自在に音量を操ることができるのです!!


ピアノ調律担当日記その2で紹介したようにアコースティックピアノは定期的なメンテナンスが必要です
(↓まだ見ていない方は記事を是非チェックして下さい♪)
koshien.shimablo.com


最近の電子ピアノはかなり進化しているので、
ピアノと同じような仕組みを持っている機種もありますし
鍵盤の重さなどのタッチ感を変化させることができる機種もあります。


さらに電子ピアノは音色も自在に変えられるなど、なんでもできちゃう優れもの!!
になってきています。

技術の進歩って本当にすごいですよね


電子ピアノはアコースティックピアノに出来ないことがたくさんできます
しかし
電子ピアノに出来ないことがアコースティックピアノには沢山あります。


1.弾き込むことで音が成長していく
2.細かい強弱の表現も出来る
3.メンテナンス次第で長年演奏することができる
     などなど…

アコースティックピアノの魅力について書き始めるとキリがないほど奥の深い楽器です。


アコースティックピアノは一年に一回は調律を行わないといい音で演奏することは難しい楽器です。
しかし、こまめに手入れをするからこそ出てくる味がありますし、
その分愛着も沸いてきます

自然のものを多く使って作っているからこそ、
アコースティックピアノ
演奏者と一緒に成長していくことができます。

これもまた電子ピアノにはないアコースティックピアノの魅力です。


まだまだアコースティックピアノの魅力を語るとこはできますが、歴代一の記事の長さになってしまいますので
今回はこの辺でまとめようと思います。


電子ピアノとアコースティックピアノ

・中に音の発生源があるかどうか
・どうやって音を鳴らしているか

の二点が大きく違います。


だからこそ演奏したときの強弱等の表現力や音色の違いが生まれているのです
この違いについては是非店頭にて体感してみて下さい♪


ピアノの魅力については今後どんどん紹介していきます!
2017年も
『ピアノ調律担当日記』
よろしくお願い致します!!


次回のテーマ
『支柱って何?』です

以上藤岡でした

もっとみる

© Shimamura Music All rights reserved.