島村楽器 ららぽーと甲子園店 シマブロ

島村楽器 ららぽーと甲子園店スタッフによるイベント情報やお知らせなどを発信するブログ(シマブロ)です。

『ピアノ調律担当日記』その8~支柱って何?~

こんにちは。
島村楽器ららぽーと甲子園店の藤岡です!!

つい先日重たいものを持ち上げようとしたときに、持ち方が悪かったのか腰を痛めていしまいました…
背骨を傷めたことで、人間の動きの軸は背骨なんだ!!と再確認しました
背骨って大切なんですね…


さて!!
今回のテーマは
『支柱って何?』です。
(つなぎ方が無理やりなのは気のせいです…)
普段は見ることが少ない部分ですが、ピアノにはなくてはならないパーツです。


はてさて、それでは支柱一体何者なのでしょうか?
役割を一言でいうと
『ピアノの背骨のような役割をしているパーツ』です。
ピアノは中にある沢山のによって常に引っ張られているので、その力に負けないように支えてくれているんです!!


f:id:shima_c_koshien:20170124140500j:plain


さて、それではここでいきなりクエスチョン!!

ピアノ一台分の引っ張る力はどれくらいでしょうか!?

1.2tくらい
2.20tくらい
3.とりあえずすごい

さて、正解はどれだと思いますか?



ヒント!!
一本当たりの引っ張る力は約80~90Kgです





正解は…








2番の20tくらい   です!!!

実はピアノ一台で約20tもの力がかかっているんです
びっくりですよね

20tというと工事現場で大活躍している
ダンプカーに、積載量いっぱいまでものを乗せた状態
電車を持ちあげるために必要な力
と同じなんだとか…!!
こうやって考えてみると、とんでもない重さがあれだけ小さなピアノに掛かっていることに驚きを隠せません。


これだけ強い力がかかっているピアノの力を、支柱はピアノ内部の鉄骨と一緒に支えているのです。

f:id:shima_c_koshien:20170126135234j:plain



ピアノのが引っ張る力をどうやってピアノの背骨である支柱で支えるか、それぞれのメーカーが様々な考えのもと工夫をしています。
今回はその中でも代表的な


左右対称ストレート支柱
左右非対称ストレート支柱
支柱なし
交叉状X支柱

の四つを紹介していきます!


それでは早速順番に特徴を見ていきましょう♪


左右対称ストレート支柱

f:id:shima_c_koshien:20170124140500j:plain

多くの機種に搭載されている支柱のタイプ
4本又は5本の支柱が均等に配置されているのが特徴です。
最も一般的な支柱のタイプです。



左右非対称ストレート支柱

f:id:shima_c_koshien:20170124140525j:plain

一部メーカーが採用している支柱のタイプ
ピアノのは全部で約230本ほど。
実はこれだけたくさんあるは、それぞれの音の高さに合わせて太さや数・長さが違っています
なので、場所によっての引っ張る力は異なるのです!!

そこで!!

の引っ張る力た強めの所には狭めの間隔で
の引っ張る力が弱めの所には広めの間隔で…

f:id:shima_c_koshien:20170124142455j:plain

このように、支柱の配置を左右非対称にすることで楽器全体のバランスをとるようにしてみたものです。


その結果楽器全体のバランスがよくなり、耐久性も向上するとされています。

支柱なし

f:id:shima_c_koshien:20170207202518j:plain
こんな事があっていいのか…
と突っ込まずにはいられない仕様です。
(初めて見た時には三度見していしまいました)

これは、回りの強度を高めることによって支柱が無くても全体のバランスをとることができる!!!
という考えのもと製作されています。


このように支柱を無くすことで、ピアノのスピーカーである響板を遮るものがなくなるので、より豊かな音で演奏を楽しむことができます。
ピアノ本来の木の音を楽しむことができる支柱の形かもしれません。


交叉状X支柱

f:id:shima_c_koshien:20170124140538j:plain

ヤマハUXタイプに採用されている支柱タイプ。現在は生産されていないため中古のみの取り扱いとなります。
構造については後ろで支柱が交叉しており、まるでアルファベットのXのように見えることからX支柱とも呼ばれています。

この交叉状X支柱は他の二つとは大きく異なる見た目をしていますよね
なぜこのような配置になったのかピアノの中身を少し覗いてみましょう!!



f:id:shima_c_koshien:20170126140730j:plain


アップライトピアノはこのように、
斜めに交叉する状態で張られています。
先程紹介したように、ピアノの一本当たりの引っ張る力はなんと80~90kg!!
そのため、ピアノは斜めの方向に引っ張る力が常に働いていることになります。
交叉状X支柱では、斜めに支柱を配置することで、通常の支柱に比べねじれに強くなり、耐久性やバランスに優れています。


現在製造されていないため、非常に希少価値の高いシリーズとなっています。
バランスが良いピアノは安定しやすく、演奏していて心地よい状態が長く維持されやすいです。
私も調律をしていて安定しやすいなーと感じるピアノがありますが、
そういったピアノは全体のバランスがうまくとれていて、とても弾き心地がよいです。





店頭にご来店いただくお客様の中には「X支柱がいい!!」と心に決めてご来店いただくお客様もよくいらっしゃいます。
支柱以外のハンマーや、、などのパーツや設計の違いなど
様々な要因は全てが複雑に関わりながら一台にピアノの音を作り出しています。
X支柱採用機種は、ハイグレードな仕様を多く採用しているので、一般的に深みがあり表現力の高いピアノが多いです。

そのため、中古ピアノの中で交叉状X支柱の人気が高いのかもしれません


中古ピアノにおいては、一台一台の個性もありますがストレート支柱とは異なる音色をお楽しみ頂けます。
ぜひ、それぞれのピアノの音色を体感しに島村楽器ららぽーと甲子園店へお越しください♪

さて、今回はこの辺で!

次回テーマ
『演奏しやすい鍵盤とは?』です
『ピアノ調律担当日記』その9~演奏しやすい鍵盤とは?~ - 島村楽器 ららぽーと甲子園店 シマブロ



以上藤岡でした!

もっとみる

© Shimamura Music All rights reserved.