島村楽器 ららぽーと甲子園店 シマブロ

島村楽器 ららぽーと甲子園店スタッフによるイベント情報やお知らせなどを発信するブログ(シマブロ)です。

ピアノ調律担当日記 その14 ~ペダルの役割~

こんにちは。
島村楽器ららぽーと甲子園店の藤岡です。

季節はすっかり秋!!
芸術・食欲・読書… などなど
新しことにも挑戦したくなる季節ですよね♪


さて、今回のテーマはペダルです!
ピアノにはグランドピアノ・アップライトピアノともに三本のペダルがあります。
ペダルの役割を理解して新しい曲にチャレンジしてみませんか?


今回は、それぞれの役割について紹介していきます。


ペダルの名前(右から順に)

グランドピアノ
f:id:shima_c_koshien:20170929193441j:plain
・ダンパーペダル
・ソステヌートペダル
・シフトペダル

アップライトピアノ
f:id:shima_c_koshien:20170929193458j:plain
・ダンパーペダル
・マフラーペダル
・ソフトペダル


ペダルの役割
・ダンパーペダル
 →音を長く伸ばす・音を止める

このペダルを踏むことで、ピアノのアクション(ピアノの音が鳴る仕組み)の中にあるダンパーを動かすことが出来ます。
すべてのが解放されるため響きも変化します。

ダンパーとは

アップライトピアノ
f:id:shima_c_koshien:20170929193933j:plain
グランドピアノ
f:id:shima_c_koshien:20170929193938j:plain

写真内の矢印の先にあるパーツです。
柔らかいフェルトで出来ており
通常はの音が鳴らない様に抑えています

アップライトピアノ
f:id:shima_c_koshien:20170929193535j:plain
↓ペダルを踏んだ時
f:id:shima_c_koshien:20170929193541j:plain

グランドピアノ
f:id:shima_c_koshien:20170929193715j:plain
↓ペダルを踏んだ時
f:id:shima_c_koshien:20170929193717j:plain

このようにペダルを踏むと、ダンパーが浮くことで音が伸びます。
ペダルを戻すとダンパーが元の位置に戻るので音は止まります。


鍵盤一つずつではなく
全てのダンパーを一気に動かすことができるのです!




・ソステヌートペダル

 →ペダルを踏む前に鳴らした音だけを伸ばす
このペダルはかなり上級の曲にならないと使わないペダルです。
低い音は長く伸ばして、高音はスタッカート(歯切れのよい音)で演奏する時などに使用します。

通常
f:id:shima_c_koshien:20171002132819j:plain

鍵盤を押し下げたとき
f:id:shima_c_koshien:20171002132822j:plain

ペダルを踏んでから鍵盤を元に戻した時
f:id:shima_c_koshien:20171002132816j:plain

お分かりいただけるでしょうか…
写真では何とも分かりにくいのですが
ペダルを踏む前に押し下げた鍵盤のみ、ダンパーが上がった状態で止めてくれます

これにより、特定の音はのばしたままで
スタッカートでの演奏が可能になるのです!!!


基本的にはグランドピアノにあるペダルなのですが、
アップライトピアノの上位機種にも搭載されていることがあります。
f:id:shima_c_koshien:20170929194832j:plain
f:id:shima_c_koshien:20170929194827j:plain
レバーが回転する事でダンパーが上がった状態を維持する仕組みになっています。

この時は真ん中のペダルがソステヌートの役割を果たす為
マフラーペダルがレバーでの操作になります。
f:id:shima_c_koshien:20170929195057j:plain
このように低音側の鍵盤下にレバーがあります。


・シフトペダル

 →ハンマーが叩くの数を二本または一本にするペダル。

ピアノの中にあるアクションを丸ごと右側に動かして叩くの数を減らします。
また、ハンマーがを打つ位置がずれ、柔らかい部分で打する様になります。

グランドピアノ
f:id:shima_c_koshien:20170929195248j:plain
↓ペダルを踏んだ時
f:id:shima_c_koshien:20170929195245j:plain


アップライトピアノ
f:id:shima_c_koshien:20170929195205j:plain
↓ペダルを踏んだ時
f:id:shima_c_koshien:20170929195210j:plain

写真の角度で少しわかりにくいのですが、
ハンマーが少し右に動いているのがお分かりいただけますでしょうか?


ペダルを踏むと鍵盤ごと移動をするので少し鍵盤の端に隙間が出来ます。
f:id:shima_c_koshien:20170929195420j:plainf:id:shima_c_koshien:20170929195424j:plain

これにより、音量と音色が変化します。


こちらも一部のアップライトピアノに搭載されていることがあります。
非常に珍しいため、なかなか巡り合えません…


・マフラーペダル
 →とハンマーの間にフェルトを挟み込みます。

f:id:shima_c_koshien:20170929195703j:plain
f:id:shima_c_koshien:20170929195720j:plain
f:id:shima_c_koshien:20170929195723j:plain


このようにとハンマーの間にフェルトを挟み込ませることで音を小さく・柔らかく変化させます。
f:id:shima_c_koshien:20170929195726j:plain

f:id:shima_c_koshien:20170929195909j:plain

ペダルを踏み込んで、左にスライドする事で、ペダルを固定することができるます。
少し遅めの時間帯の演奏時に活躍します。




・ソフトペダル
 →ハンマーとの距離を短くする事で音を小さくします

ハンマー全体を前進させることで音色を変化させます。
f:id:shima_c_koshien:20170929200005j:plain
f:id:shima_c_koshien:20170929200107j:plain
ハンマーだと分かりにくいので別角度でもう一枚…

f:id:shima_c_koshien:20170929200018j:plain
f:id:shima_c_koshien:20170929200011j:plain
ペダルを踏みこむと、ハンマー全体をレールが持ち上げているのがお分かり頂けるでしょうか?

これによって、とハンマーの距離が近くなるため
音量と音色が変化します。



さて、長文にて紹介してきましたがいかがだったでしょうか?


ペダルといえば、
グランドピアノはメーカー・機種によってペダルボックスのデザインも異なります。
f:id:shima_c_koshien:20170929200555j:plain
f:id:shima_c_koshien:20170929200558j:plainf:id:shima_c_koshien:20170929200603j:plain

くらべてみると、面白い発見が出来るかも!?
ぜひ身近なピアノを見比べてみて下さい


正直今回のテーマは、写真や文字では伝わりきらない所もあるかと思います…
これはどうゆう事なのか!?
など、疑問を持たれた方は是非藤岡までお問合せ下さい♪



次回テーマ
『ペダルの歴史』
現在は主に三本ペダルのピアノが主ですが昔はもっとたくさんのペダルを持つものもありました。

今はなくなってしまったペダルやペダルの歴史を次回紹介します!!



以上藤岡でした♪

今回のピアノ
YAMAHA W1AWn
f:id:shima_c_koshien:20170929201149j:plain
インテリア性が高いWシリーズ。
美しい木目と音色をお楽しみ頂けます。


Boston GP193
f:id:shima_c_koshien:20170929201110j:plain
f:id:shima_c_koshien:20170929200808j:plain
世界で一番コンサートホールに導入されているピアノメーカー
スタインウェイ&サンズ』が手掛ける第二ブランド
豊かな表現力が演奏者を魅了します。





調律担当日記のまとめはこちら!!
ピアノ調律担当日記 の検索結果 - 島村楽器 ららぽーと甲子園店 シマブロ

お問い合わせ先

店舗名 島村楽器 甲子園店
電話番号 0798-81-6651
担当者 藤岡
もっとみる

© Shimamura Music All rights reserved.